04-1 ツリービュー(フレームウインドウ化)

2019-01-24 09:51:22

TreeViewクラスはWindowクラスを継承しているので、デフォルトではフレームを持たない

フレームウインドウ化するためには、コンストラクタにパラメータを設定する

サンプルへのリンク


実行画面

2019-01-24 09:52:58

Sample04_1.html

2019-01-24 09:53:00

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
    <meta charset="UTF-8" />
    <meta name="viewport" content="width=device-width,minimum-scale=1,initial-scale=1" />
    <link rel="stylesheet" href="../dist/css/jsw.css" />
    <script type="text/javascript" src="../dist/js/jsw.js"></script>
    <script type="text/javascript" src="Sample04_1.js"></script>
    <title>JSWindowTest</title>
</head>
<body>
</body>
</html>

Sample04_1.js

2019-01-24 09:53:02

//ページ読み込み時に実行する処理を設定
addEventListener("DOMContentLoaded", Sample04)
//ページ読み込み後に実行される内容
function Sample04() {
    //リストビューの作成
    let treeView = new JSW.TreeView()
    //フレームウインドウとして作成したい場合
    //let treeView = new JSW.TreeView({frame:true})
    //サイズ設定
    treeView.setSize(300, 300)
    //ルートアイテムに対して名前の設定
    treeView.getRootItem().setItemText('ルートアイテム')

    //アイテムを作成
    let item
    item = treeView.addItem('アイテム1')
    item.addItem('アイテム1-1')
    item.addItem('アイテム1-2')
    item = treeView.addItem('アイテム2')
    item.addItem('アイテム2-1')
    item.addItem('アイテム2-2')

    //アイテムが選択された場合のイベント
    treeView.addEventListener('itemSelect',function(e){
        //ウインドウにメッセージを出す
        const p = e.params
        let win = new JSW.FrameWindow()
        win.getClient().textContent = p.item.getItemText()+'が選択された'
        win.setPos()
        win.foreground()
    })
}