01 ウインドウの表示

2019-01-14 16:34:18

フレームウインドウを一つ表示させる
一般的なウインドウと同じようにタイトルバーのドラッグドロップで移動し、フレームをドラッグドロップするとサイズが変更できる


サンプルへのリンク

実行画面

2019-01-14 16:36:48

Sample01.html

2019-01-14 16:34:37

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
    <meta charset="UTF-8" />
    <meta name="viewport" content="width=device-width,minimum-scale=1,initial-scale=1" />
    <link rel="stylesheet" href="../dist/css/jsw.css" />
    <script type="text/javascript" src="../dist/js/jsw.js"></script>
    <script type="text/javascript" src="Sample01.js"></script>
    <title>JSWindowTest</title>
</head>
<body>
</body>
</html>

Sample01.js

2019-01-14 16:35:26

//ページ読み込み時に実行する処理を設定
addEventListener("DOMContentLoaded", Sample01)
//ページ読み込み後に実行される内容
function Sample01() {
    //フレームウインドウの作成
    let mainWindow = new JSW.FrameWindow()
    //タイトルの設定
    mainWindow.setTitle('サンプル01')
    //クライアントノードを呼び出して
    mainWindow.getClient().innerHTML = 'ノードに対して<br>フレームウインドウの表示'
}


拡張子を.tsにして、TypeScriptを使うと入力補完が利用できる